PCでのお問い合わせはこちら

株式会社 阿智精機 TEL:0265-43-2208 / FAX:0265-43-3048 〒住所 〒 395-0303長野県下伊那郡阿智村駒場608-3

技術について|About Skill
HOME >  技術について  > 技術について

異材同士の接着

  • 異材同士の接着

    写真サンプル品はS50Cと超硬G3の接着剤での接着です。
    S50Cと超硬とのクリアランスは3μです。

    幅や長さ面積が大きなものは、なかなかロー付けでは対処しきれません。ロー付けできたとしても超硬にかかる熱応力、ロー付け後に起こる母材との冷却収縮率の違いから超硬にクラックが入るなどの問題が多々あります。使っているうちに少しの衝撃でクラックが入る問題は、接着ではありません。

ただし金型のパンチ、接着面に対して横から力がかかる部分などには使用できません。
平面での摺動面(しゅうどうめん)や部分的に硬さが必要などという場所にはよいの加工方法です。接着後の研磨、ワイヤーカットも可能です。

主要取引先企業

  • ・ブレーキ製造メーカー様
    ・端子製造メーカー様
    ・医療機器販売メーカー様

  • ・半導体製造装置メーカー様
    ・ネジ製造メーカー様
    ・刃物製造メーカー様

超硬溶射、セラミック溶射、ステライト溶接 etc..

部分的に硬さ、耐磨耗、すべりがほしいなどのご相談にはうってつけです。

お客様の現在の図面でも、ここだけ耐磨耗がほしいと言っていただければ弊社で図面を書き直し耐磨耗加工を行って納品致します。弊社では溶射後の2次加工まで責任を持って加工しております。
大手企業様にも採用されております。S50Cと超硬接着色が黒いところが超硬です。 その他の異材同士の挑戦してます。

超硬溶射

この部分だけ耐磨耗がほしい!安い材料に部分的に超硬を溶射して部分的に強度をあたえます。
溶射後の研磨も可能で超硬膜厚は20μ〜30μです。溶射では50μですが、仕上げ代で20μくらいです。
業務内容
■営業品目
半導体製造装置部品 
医療機器部品
ロボット部品 
耐磨耗対策部品 
治工具部品
各種切削研磨部品

■マシニングセンター
複合旋盤 
ワイヤーカット放電加工機 
円筒
平面研削盤による切削研磨
組立業務

■各種ステンレス鋼
各種工具鋼 
各種アルミ

■試作品 単品 中量産~量産